東京都、北区・板橋区の整形外科-膝関節治療専門センター

<診察時間>   月・火・水:8:00〜12:00
<住所>   東京都北区上十条3-3-17
<アクセス>「十条駅」北口より徒歩3分

お気軽にお問合せください

03-5993-6622

<受付時間> 月~金・日:8:00〜17:00

なぜ膝痛になるの?

膝の模型

膝の痛みをおこす原因を知る前に、膝の構造を知る必要があります。

膝は、大腿骨、脛骨、腓骨、膝蓋骨の4つの骨で構成されています。

一般に膝の関節と言われているのは大腿脛骨関節で、内側と外側に1組ずつあります。

大腿骨と脛骨の表面には関節軟骨があり、関節軟骨と関節軟骨の間には半月板があります。
この“軟骨—半月板—軟骨“の3つの構造がクッションの役割を果たします、膝が滑らかに動くようにしたり、歩行時に体重を受け荷重を分散させます。

また大腿骨と脛骨は、4本の主たる靱帯(前十字靱帯、後十字靱帯、内側々副靱帯、外側々副靱帯)によって結ばれています。この4本の靱帯は、骨がずれることを防いで安定させ(脱臼防止)、関節の微妙な動き(屈曲・伸展・内旋・外旋・内反・外反等)をスムーズに行うことができるようにします。

膝にはもう一つの関節、膝蓋大腿関節があります。ここの骨の表面に、も関節軟骨が存在し、筋肉の力が効果的に下腿に伝える役割があります。

これらの構造体を包み込む“袋”が、関節包であり、内膜は滑膜と呼ばれ、関節液を分泌したり吸収します。

膝に痛みが起こる原因は、

  1. 膝そのものに原因がある場合
  2. 膝以外に原因がある場合

にわけられます。

  1. 膝そのものに原因がある場合

    膝を構成する構造体に「何らかの異常」が見られた場合に痛みが起こります。つまり、怪我・損傷、変性、炎症等が起きた時に痛みが起こります。痛みだけでなく、腫れたり、水がたまったり、出血したりします。その他、生まれつき何らかの異常がある場合にも痛みが起こります。怪我・損傷は、日常生活上のちょっとした怪我・転倒、スポーツによる怪我、交通事故、等です。階段でつまずいたり、道端で転んでコンクリートの角にぶつけたり、自転車で転んだり、足をひねったり等。このような “ちょっとした怪我” でも膝に損傷をおこすことがあります。最初のうちは大した症状がなくても、数カ月や数年たつにつれて症状がだんだんとはっきりしてくることがあります。したがって、日常の小さな怪我にも気を配る必要があります。この他に、スキーで転倒したり、バスケットボールやバドミントン等でジャンプの着地時に捻ったり転んだりして痛める方が多いようです。ラグビーやアメリカンフットボールで、タックルを受けたり直接接触して怪我するケースもあります。変性とは、「加齢性変化」、「年令的変化」、「経年変化」等とも呼ばれ、一般に“年のせい”とよく言われるものです。長年使っているうちに摩耗されたり壊れたりします。炎症を起こすのもで良く見られるのは、関節リウマチです。関節リウマチは全身の関節に炎症を起こし、ひどくなると関節の破壊が起こり日常生活に支障をきたすことがあります。その他には、出血を起こす病気等があります。

  2. 膝以外に原因がある場合
    肥満、O脚、X脚、股関節の病気、外反母趾、腰の病気等でも、膝に痛みが起こります。このような、膝以外に原因が見られる場合には、医師の診察をうけ詳細な検査を行わないとわからない場合があります。

膝に痛みを起こす病気

膝に痛みが見られる場合、中高年では、「変形性膝関節症」が最も多くみられます。一般的に「加齢性変化」「年のせい」といわれるものです。軟骨が年とともに徐々に摩耗され、半月板も損傷し、炎症が起こります。進行すると、靱帯も緩んできてやがて変形が起こり関節が破壊されます。重症になる前に、膝の専門医の診察を受け、適切な指導や治療を受けることにより、ひどくなることを防ぐことができます。

若い方に多く見られるのは、スポーツや運動等による外傷です。

膝の中の損傷、つまり、前十字靱帯損傷、半月板損傷、軟骨損傷等が最も多く、膝に痛みをおこしたり、曲がらなくなり、走れなくなります。また、急に膝が伸びなくなる(ロッキング)こともあります。

若年者の例

  • 前十字靱帯損傷
  • 後十字靱帯損傷
  • 半月板損傷
  • 軟骨損傷
  • 内側・外側々副靱帯損傷
  • 関節ネズミ
  • 離断性骨軟骨炎
  • オスグッド病、等

中高年の例

  • 変形性膝関節症
  • 膝骨壊死症(大腿骨内側顆骨壊死)
  • 関節リウマチ
  • 膝関節拘縮症
  • 偽痛風、等

お問合せ・ご相談はこちら

ご不明な点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームから
お気軽にご連絡ください。 

皆さまからのお問合せを
お待ちしております

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

03-5993-6622

<受付時間>
8:00~17:00(月~金、日曜日)

遠方な方で、診察前の相談等にもお気軽にご連絡ください。どのようなお悩み相談でも結構です。

マスコミ掲載

雑誌「山と渓谷」2015.4月号

膝の痛みについての特集号です。この中で、膝痛の原因についてお話をしています。 この他に、膝痛の原因、膝痛の予防、膝痛への対処法等が紹介され、登山愛好家やウォーキングする方に役に立つ特集です。

その他のマスコミ掲載情報はこちら

医院概要

医療法人社団永昌会
永振クリニック
永振クリニックメディカルセンター

03-5993-6622

03-3900-1113

eisinclinic.contact@gmail.com

住所

〒114-0034
東京都北区上十条3-3-17

アクセス

・JR埼京線「十条駅」
北口より徒歩3分

・JR京浜東北線 「東十条駅」 南口より 徒歩10分

理事長名

陳 永振

医院概要はこちら

アクセスはこちら