東京都、北区・板橋区の整形外科-膝関節治療専門センター

<診察時間>   月・火・水:8:00〜12:00
<住所>   東京都北区上十条3-3-17
<アクセス>「十条駅」北口より徒歩3分

お気軽にお問合せください

03-5993-6622

<受付時間> 月~金・日:8:00〜17:00

前十字靭帯損傷とは

前十字靭帯は、膝関節の大腿骨と脛骨を結ぶ靱帯である。
これに強い力や捻る力が加わると、断裂したり伸びたりします。損傷の形態には、完全断裂、部分断裂、弛緩等があります。

主としてスポーツ等で損傷することが多く、特にバスケットボール、サッカー、スキー等で、捻ったり、転倒したり、ジャンプの着地時等に損傷することが多い。ラグビー、アメリカンフットボール、柔道、格闘技等の接触するスポーツにおいてもよく発生する。

日常生活の中において、転倒や打撲の“ちょっとした怪我”でも損傷することがある。

交通事故などで損傷した場合には、他の靭帯損傷を合併したり(複合靭帯損傷)、軟骨や半月板等を合併することが多い。
 

前十字靭帯損傷の症状

急性期は、関節の腫れ(関節内血腫)、痛みが見られます。

約3〜4週間を過ぎると、痛みも腫れもだいぶ取れてきて、可動域も改善されます。このころから、日常生活を不自由なく送れるようになる方がほとんどです。

しかし、階段を降りるときや体の向きを変える時に不安定感が見られ、膝がずれるように感じられることがあります。なかには、転びそうになる方もいます。

全力で走ったり、ジャンプや着地ができない場合や不安定性を感じる場合には、スポーツをすることが難しいと考えられます。

  • 疼痛

  • 血腫
  • 不安定性
  • ひざ崩れ
  • はずれそうになる
  • 可動域制限  等
前十字靭帯損傷の診断
  • 問診
  • 触診
  • 徒手検査
      問診、触診、徒手検査が最も重要な項目であり、ほぼ診断がつきます。
  • レントゲン
  • MRI
      問診や触診の補助として行う。
      部分断裂等では、正常例と区別がつきにくい場合があり注意が必要である。
  • 関節鏡検査
      MRI等の検査でもはっきりしない場合には、関節鏡検査が重要である。
前十字靭帯損傷の治療:保存療法
  • 運動療法
  • 理学療法
  • 装具療法

損傷後は、まず保存療法を行う。

  • 関節鏡視下前十字靱帯再建術
  • 解剖学的2重束再建術
  • 前十字靭帯補強術 ( 部分再建術 )

近年、この手術に対する研究は進んでおり、靭帯再建術の成績はきわめて良好である。さらに、関節鏡視下に手術を行うので、低侵襲であり、術後の回復が良い。社会復帰やスポーツ競技への早期の復帰が可能となってきている。

靭帯損傷後に不安定性等の症状があり、適切な治療を行わずにスポーツ等を継続すると、正常な半月板や軟骨を損傷し、将来変形性膝関節症に移行することが知られています。 

近年、関節鏡視下に行う靭帯再建術は、低侵襲であり、術後の成績が良好である。

日常生活における動作でも、”膝が外れそうになる”等の明らかな不安定性が見られる場合や、スポーツを継続したい場合には、手術を行うことが望ましい。

お問合せ・ご相談はこちら

ご不明な点やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームから
お気軽にご連絡ください。 

皆さまからのお問合せを
お待ちしております

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

03-5993-6622

<受付時間>
8:00~17:00(月~金、日曜日)

遠方な方で、診察前の相談等にもお気軽にご連絡ください。どのようなお悩み相談でも結構です。

マスコミ掲載

雑誌「山と渓谷」2015.4月号

膝の痛みについての特集号です。この中で、膝痛の原因についてお話をしています。 この他に、膝痛の原因、膝痛の予防、膝痛への対処法等が紹介され、登山愛好家やウォーキングする方に役に立つ特集です。

その他のマスコミ掲載情報はこちら

医院概要

医療法人社団永昌会
永振クリニック
永振クリニックメディカルセンター

03-5993-6622

03-3900-1113

eisinclinic.contact@gmail.com

住所

〒114-0034
東京都北区上十条3-3-17

アクセス

・JR埼京線「十条駅」
北口より徒歩3分

・JR京浜東北線 「東十条駅」 南口より 徒歩10分

理事長名

陳 永振

医院概要はこちら

アクセスはこちら